Something blue ~ 青いもの ~

 

 

結婚式に憧れる女の子なら一度は聞いたことのある Something four  ~ サムシングフォー ~ を

以前より紹介してきましたが、今回で完結です◎

 

 

最後のひとつは、Something blue ~ 青いもの ~ です。

 

 

DSC_5101

 

 

 

ブルーは、聖母マリアのシンボルカラーでもあり、古代から花嫁の貞節を表す色だったことから

「純潔と誠実の象徴」とされてきました。

 

 

「青いもの」は人目につかない場所にあしらうのがよいとされているので、

花嫁小物などにワンポイントとしてあしらうのが一般的なのですが、

最近では、パーティーのコーディネートや演出に取り入れたりする結婚式も増えてきています。

 

 

キャサリン妃は、ドレス下のペチコートのレースに青いリボンを縫い付けていました。

アニエスではよく、サムシングブルーにちなんで

"天使からの贈り物 スパークリングワイン Blanc de blue"を

乾杯用のシャンパンに使用していただいています。

1-539

ブルーベリーのエキスで色づけされた幸せのスパークリングワインは

ゲストの目にも美しく彩るでしょう。

会場全体が気品溢れるブルーに包まれた瞬間、きっと忘れられない光景が残るはずです。

391

また、花嫁が持つブーケにもサムシングブルーをさりげなく入れるのはおすすめです。

0036

特に人気のお花は、小さくて愛くるしいブルースター♡

「信じあう心」「幸福な愛」という素敵な花言葉があるので、

可愛い花嫁さんにぴったりのお花です。

323

ブルーのかすみ草を使用したブーケも、めずらしくてとっても綺麗です。

さて、4回にわたり紹介してきた"Something four ~ サムシングフォー ~"

いかがでしたでしょうか?

それぞれに意味が込められた4つの物を上手に取り入れて

幸せいっぱいの花嫁になりたいですね*.。

ぜひみなさんも、ご自身の結婚式に

"Something four ~ サムシングフォー ~" を取り入れてみてください。

インスタグラムにも、たくさんの写真と演出紹介をしております♪

詳しくは  ‣‣‣  アニエス・ガーデン名張 公式Instagram(agnesgarden_nabari)をご覧ください☆